* 生活保護のNEWSで

生活保護の職員のニュース、賛否はあれど注目すべきは

 

「あえて言おう!カスであると!」

 

という表記ですね。

 

 

ギレン・ザビか!

 

人の仕事の良し悪しや批評・批判を言うつもりはもちろんありませんが、

使命を持って一生懸命であればそれで良いと思います(私の懺悔と決意の意を含みます)。

 

 

 

でも

どうせならラオウの言葉とかも入れてほしかったな

2017.01.18 Wednesday * 13:11 | 生活 | comments(0) | trackbacks(0)
* NIGHT

帰り路。階段を上がって夜の街路に出ると
冷たい冬の風が黄色い銀杏の落ち葉を吹き流している。

たまたまiphoneから流れてきた山下達郎の唄「ひととき」。
この歌を聴くとなぜかいつもカミさんを思う。
いつまでも変わらないなあ。オレ。

 

 

捨てられないように頑張らNIGHT

2017.01.11 Wednesday * 22:26 | 生活 | comments(0) | trackbacks(0)
* 最近ダレてるなあと思った時によくやること

痩せるぞと言いながら、

言った矢先に「明日から」と

チョコレートをバリバリしたり

たまりにたまったやらなければならない仕事から

ユラリと逃げようとしたり(現実逃避)

 

何だか最近ダレてるなあと思った時によくやるのが

 

「戦時下の日本軍の映画」か「侍」関係の映画を

夜な夜なこっそりヘッドホンで大音量で観ること。

 

過酷な状況下でも凛と前向きに生きる生き様が

ボクのダルダルになった心を引き締めてくれるわけです。

今日は役所広司、岡田准一、堀北真希の「蜩(ひぐらし)ノ記」。

 

良い映画でした。日本人は素晴らしい!

ガンバろ!なせばなる!気合を入れるぞ!

 

  
 
 

 

 

 

 
 
明日からね

2017.01.05 Thursday * 23:49 | 映画 | comments(0) | trackbacks(0)
* 2017あけおめ by ぬら

髭を剃って出直しだ!と綺麗に剃ったら


「ぬらりひょん」みたいだと言われた。


バイキンの次は妖怪になったようです。

 

チクショ
早く生えてこないかな。
 
あ、明けましておめでとうございます。
ぬら、頑張ります。

 

 

2017.01.03 Tuesday * 00:28 | 生活 | comments(0) | trackbacks(0)
* 熱とバニシングポイント

ここにきて熱でダウン。
全身の倦怠感、腰と間接の痛み、頭痛と目の奥の痛みで立ち上がれなくなる。

 

39度まで上がったが病院へ連絡も休み。
痛みとダルさで眠れぬ夜を過ごした時に何故か頭に浮かぶ
映画「バニシングポイント」のコワルスキーと
素っ裸でホンダCL350スクランブラーに乗って登場する金髪美女のシーン。
マウンテンの「Mississippi Queen」のBGMが良い。

 


バイキン扱いの年末年始スタート。

 

2016.12.30 Friday * 11:27 | 生活 | comments(0) | trackbacks(0)
* 人として尊敬しています。

陛下と同じ日本国民で本当に良かった。
ずっと誇りに思っています。

 

http://spotlight-media.jp/article/312098495011562477

2016.12.04 Sunday * 10:05 | その他 | comments(0) | trackbacks(0)
* あの頃の記憶

オレンジ色の街頭に照らされた
スクランブル交差点でうつむき歩く人々。
華やかなショーウィンドウの前に人影はない。

 
世の中は確かに便利になったが、
人は楽しいのか楽しくないのかあまり明らかにしなくなったようなそんな気がする。
無表情のままスマフォの画面をスクロールしている。


その恩恵は受けた記憶はないが、
ボクはバブルの時代を知っている。

    
とにかく
今の若者には想像もつかないほど街が元気だった。
賑やかで様々なタイプの人々があちらこちらで
ワイワイガヤガヤイチャイチャしていた。

大声で歌ったり叫んだり笑ったりする若者がいたり
酒を一気飲みさせられて吐いたまま路地で寝込む学生、
裏路地や暗がりなどで小競り合いの喧嘩が始まったりもしたが
今のように大事になることは無く、
特に回りもあまり気にしなかった。

どこの店に入っても賑わっていた。
通りにはインパラやベルエアなどの羽の生えたアメ車が何週も何週もしながらナンパを繰り返し、
携帯電話なんか無いから「電話番号を聞く」のがその日の目的、ステイタスだった。

今思えば
男も確かにウロウロしていたが、女もそれ待っていたように思う。

  

丸井はトレンドの中心だったし、
今見るとぞっとするほどダサいDCブランドが
これでもかと売れていた。

わたせせいぞうのイラストが飾られたクレープ屋はペパーミント色だったしBARは赤紫っぽい色の薄暗い間接照明のカウンターでカルアミルクやピーチツリーFIZZを飲んだ。

学生時代、裸足で雪駄を履いていたら黄色いランボルギーニ・カウンタックLP400が飾られたレストランで入店を拒否された。

クレジットカード会員になるにはかなり厳しい審査が必要だったし、ヤマハのV-MAXはパワーがありすぎるという理由で保険に入れないと噂がたった。
浅ヤンがわけのわからないトレンドを流し、真に受けた女子がわけのわからない服を着てバージニアスリムをふかした。

ねるとん紅鯨団では友達の女子が「ごめんなさい」して得意げだったし、周りのみんなが柳葉、布施、三上に憧れて必死に恋人を探していた。
学生のくせにクリスマスデートの予算が20万円とかいうボンボンや
小さな皮のポシェットバックを小脇に抱えて
ダブダブのベージュのダブルのスーツを着て
きらびやかなレストランでティファニーの「オープンハート」をプレゼントして
ディスコでクアーズを飲んで、苗場へユーミンのライブに行く約束をした。

 
ソアラやスープラで意味も無く横浜ベイサイドをドライブし、箱根のターンパイクで走り屋のドリフトをカーブで観戦し、履歴書には「趣味:ドライブ」と書いた。
床にじか置きのマットレスのベットでVHSのヴィデオをレンタルして「レインマン」や「危険な情事」をカウチポテトしながら観た。

 

変な形の家があちらこちらに作られ、突貫工事のビルディングも変な形をしていた。


TVをつけても単純なラブストーリーか、
ドッカンボッカンのピストル撃ちまくりの
ハチャメチャ刑事モノばかりで

 

とにかく
みーんな格好つけていた。

 

男も女もみんな元気だったあの時代。 
今が良いのか。あの頃が良いのか。

 
ま、
そんなことを比較するのはナンセンスかな






ところで石井明美の歌うcha cha chaの

「ヴァージン気分 ちゃちゃ」 ってなんだよ

 

2016.12.01 Thursday * 23:18 | 妄想 | comments(0) | trackbacks(0)
* I'm God's Chぁ〜ild

地下から外に出ると暗い街頭。小雨。
傘が無いのでそのまま歩き出す。
  
バス停の前を通ると
佇んでいた20代前半の若い女性が
通り過ぎる僕をふと見上げた。

 
!!
 
 
鬼束ちひろそっくりじゃないか You are !!

 
 
I'm God's Chぁ〜ild
この腐ぅ〜敗ぃ〜したぁ〜
世ぇ〜界ぃ〜に堕〜とされぇ〜たぁ〜あ〜

 
 
昭和9年(1934)竣工の
イスラム風ドームが特徴的な静岡市役所旧館を
横に見上げながら

 
How do I live on such a field?
こんなものの〜ために生まれたんじゃなぁああ〜い

 

 
 
 
(もう1オクターブ上げて)
哀しい音は背中に爪痕を付けて
I can't hang out this world
こんな思いじゃ
どこにも居場所なんて無ぁ〜〜〜い
 
 
 

 
最近こんなんばっかり
 


カラオケでだれか歌ってくんないかな
(多分行かないけど)

 

 

2016.11.30 Wednesday * 07:12 | 生活 | comments(0) | trackbacks(0)
* なぜこんなところが

久しぶりのオートバイ。
バッテリーがあがっていたので
ハアハア言いながら100万回キックを踏んだら

2日後の今日、
何故か左腕の肘裏が筋肉痛で
腕が上がらなくなった。

 

 
なんすかねコレ

 

2016.02.10 Wednesday * 13:58 | その他 | comments(0) | trackbacks(0)
* 勇者とは

仕事の合間に最近のマイブーム

 
 
「中年ひとりドラクエ掘廖
 

 
今日も夕暮れから”やたっ呪文おぼえたっ”とか小さく叫びながら参戦。
 
 
それにしてもよく出来たゲームである。

 
お城の外に一歩出たらそこはもう敵地。
お城の中にいれば安心だが
お城の中に居てはいつまでたっても自分は変われない。

 
痛い目にあっても
敵をやっつけないと成長しないし、
敵をやっつけなければお金ももらえない。

  
お金がなければ必要な武器や装備を買うことは出来ない。
装備に不備があれば敵の攻撃を回避したり
情勢を優位に運んで勝利する確立も当然下がる。
 
危険を冒したくないがために
いつまでも弱い敵ばかりと戦っていても
経験値はなかなか上がらないし支払われる対価も少ない。
 
先へ進み成長しながら宝を手に入れるには
それなりの覚悟と勇気が必要なのだ。
 
  
強い敵に会えば痛い目にあい、時に死ぬこともあるが
やっつければ
それなりの対価支払われ、何より「経験値」が授けられる。

「経験値」が上がれば人としてのレベルが上がり
力の強さや素早さ、体力、賢さや運の良さまでが改善され、
ついには「呪文」をおぼえたりする。
この攻撃したり身を守ったりする成長の証である「呪文」を覚えれば
更に効率よく敵と戦うことが出来るのだ。

 
 
これは人生そのものではないか!
 
 
 
 
 
勇者とは「勇ましい者」と書く!

 
 
 
ボクは今どのレベルなのだろうか。
勇者になれるのだろうか!
冒険を楽しんでいるのだろうか!
 
 
そんなことを真剣に考えながら
結構本気でドラクエ靴頬彳する。
 
 

 
 

 
 
 
しかし
メタルスライムでもなんでもねー
素のスライムがしゃらくせー 
ゲスなレベルだなこりゃ


 

 
ゲスな中年「ナジミの塔 」に死す

 
 
 
冒険は始まったばかりだ!(仕事しろよ)

2016.01.30 Saturday * 18:59 | その他 | comments(0) | trackbacks(0)

| 1/77Pages | >>