* 愛と哀しみとボレロとツタヤ
突然思い立って「ボレロ」がどうしても聞きたくなりました。
(私的な考えでは)ボレロはシンプルなリフの上に成り立っている究極のトランスミュージック。
どうせなら ということで「愛と哀しみのボレロ」を借りてきて観ました。
3時間にも及ぶ超大作。それぞれの運命が並行して進行していき、最後に
パリで別々の人生が集結します。
ボレロにのせた究極の物語。素晴らしい。



この感動で100円。ツタヤさん。あんた 太っぱらだよ ラブ
2013.12.03 Tuesday * 21:43 | アート | comments(0) | trackbacks(0)
Comment









Trackback URL
http://blog.pea-s.jp/trackback/1170231
<< しないこともないわけではないわけでもない | main | 弁当作って思うこと。 >>