* 金魚に聞いてみたいこと
我が家にはお祭りのテキ屋ですくってきた金魚とタナゴがいる。

毎朝エサをあげ、定期的に水槽の掃除をしている。
病気もなく元気に泳いでいる。
お互いにやさしいからケンカもないし争いもしない。
悩みもなさそうだ。

ふと思った。


それでいいのか君たちは。


ベランダに出した
60センチの水槽内の世界でその人生のほとんどを生きている。
酸素も十分でバクテリアの状態も良い。
食べ物には困らないし、外敵に襲われる心配もない。

文字通り「箱入り」である。

しかし退屈ではないのか。
「退屈」ということも感じないのか。

子孫を残すすべは知っているのに「恋愛」はないのか。

たまにこっちを見てパクパクしている。
無さそうな顔をしている。

毎日楽しいのか。

冒険の旅に出たいとは思わないのか。

一度彼らの要求を聞いてみたい。
「ここから出して欲しい。」と言うかもしれない。

ボクは言う。

「きれいな池や川に逃してあげるよ。でも敵に襲われて死ぬかもしれないよ。」
「食べ物が無くて飢えてしまうかもしれないよ。」
「他の生き物にイジワルされるかもしれないよ。」

それでも

「外の世界を知りたい。見てみたい。」

と彼らは言うだろうか。

ボクが彼らならなんと言うだろうか。




原田 知世に
おいしいコーヒーを入れて欲しいなあ


透き通った水槽にヒラヒラ揺れる魚たちを見ながら
ぼんやりそんなことを考えてみた。



 
2014.01.30 Thursday * 22:43 | その他 | comments(2) | trackbacks(0)
Comment
えんどーサンて…(・∀・)
| さこだアッコ | 2014/01/31 9:40 PM |
アコさん、そうです。わたしが
エンドウです\(^o^)/がははのは
| オネショネンコ | 2014/01/31 10:07 PM |









Trackback URL
http://blog.pea-s.jp/trackback/1170266
<< それぞれの「生き方」を浅く空想してみた。 | main | 礼儀とは。 >>