* モタさんの言葉
図書館はボクの安らぎの空間。
良い本に出会うと得した気分になる。


「モタさんの言葉」シリーズ


やさしいタッチの挿絵と
モタさんの心温まる言葉集。


・・・・・・・・・・前略・・・・・・


ある年家内が私にくれた
バースデーカードにこうあった。


「40パーセントの妻より」


(中略)


見合い結婚である。
ほれたはれたで一緒になったわけではない。


だからというわけではないが
私は夫婦は「50パーセント」の
満足度でいいと思っていた。


(中略)


もとは他人だったという人間関係だ。
思いの半分も応えてくれれば
御の字だと思っていた。


(中略)


私は人生に
「腹八分目主義」を貫いてきた。


望むことの80パーセントも
かなえばバンバンザイ。
それ以上を望むのは欲深すぎる。
ずっとそう考えてきた。


「50パーセント願望」に
「腹八分目主義」を
掛け合わせたのが
「40パーセント」なのである。


すなわち
「40パーセント」の妻は
合格点なのである。


しかも齢をとるにつれて
八分目主義は、七分目、六分目と
だんだん大甘になってきた。


この計算からいえば
「40パーセント」は
おつりがくるほどの
大合格というわけである。


(中略)


相手に対する要求水準を
最初から低めに設定しておくことは
人間関係をスムーズにする
一番の方策だ。


(中略)


夫婦だけではない。
子供、子供のともだち
仲間、近所づきあい
そして職場の上司、仲間


互いに相手を選べない
環境であれば
自分の心を変えるのが得策である。


50パーセント満足できればいいと
腹を決めてしまおう。
ずっとラクになる。



もしかして”期待値の合格ライン”を
120パーセントとかに
設定したりしていないだろうか。


80パーセントにすれば
たいていの人とまあまあ、
うまくやっていけるはずだ。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



※ちなみにモタさんとは
斉藤茂吉の息子さん(精神科医)である。


そういえば昔
「君は1000%」って歌あったよね

とんでもねえな!カルロス!アミーゴ
2015.03.19 Thursday * 15:45 | 本・メディア | comments(0) | trackbacks(0)
Comment









Trackback URL
http://blog.pea-s.jp/trackback/1170475
<< 世界85位くらいのたい焼き | main | 今宵もしっとりぬれたパリのおもひで >>