* 勇者とは

仕事の合間に最近のマイブーム

 
 
「中年ひとりドラクエ掘廖
 

 
今日も夕暮れから”やたっ呪文おぼえたっ”とか小さく叫びながら参戦。
 
 
それにしてもよく出来たゲームである。

 
お城の外に一歩出たらそこはもう敵地。
お城の中にいれば安心だが
お城の中に居てはいつまでたっても自分は変われない。

 
痛い目にあっても
敵をやっつけないと成長しないし、
敵をやっつけなければお金ももらえない。

  
お金がなければ必要な武器や装備を買うことは出来ない。
装備に不備があれば敵の攻撃を回避したり
情勢を優位に運んで勝利する確立も当然下がる。
 
危険を冒したくないがために
いつまでも弱い敵ばかりと戦っていても
経験値はなかなか上がらないし支払われる対価も少ない。
 
先へ進み成長しながら宝を手に入れるには
それなりの覚悟と勇気が必要なのだ。
 
  
強い敵に会えば痛い目にあい、時に死ぬこともあるが
やっつければ
それなりの対価支払われ、何より「経験値」が授けられる。

「経験値」が上がれば人としてのレベルが上がり
力の強さや素早さ、体力、賢さや運の良さまでが改善され、
ついには「呪文」をおぼえたりする。
この攻撃したり身を守ったりする成長の証である「呪文」を覚えれば
更に効率よく敵と戦うことが出来るのだ。

 
 
これは人生そのものではないか!
 
 
 
 
 
勇者とは「勇ましい者」と書く!

 
 
 
ボクは今どのレベルなのだろうか。
勇者になれるのだろうか!
冒険を楽しんでいるのだろうか!
 
 
そんなことを真剣に考えながら
結構本気でドラクエ靴頬彳する。
 
 

 
 

 
 
 
しかし
メタルスライムでもなんでもねー
素のスライムがしゃらくせー 
ゲスなレベルだなこりゃ


 

 
ゲスな中年「ナジミの塔 」に死す

 
 
 
冒険は始まったばかりだ!(仕事しろよ)

2016.01.30 Saturday * 18:59 | その他 | comments(0) | trackbacks(0)
Comment









Trackback URL
http://blog.pea-s.jp/trackback/1170597
<< 冬の街で | main | なぜこんなところが >>