* 澱んだ世界に生きていないか

東京から来てくれたゲストを
三島から来てくれた友人と
静岡市の場末の居酒屋でもてなす。

静岡の場末の居酒屋と言えど
出てくる品は一流。美味い。

頼もしかった。
接客もとっても良かった。


誇らしいなあ。ありがとうございます。

心からそう思った。


静岡の一品はやはりクオリテイが高い。

 

 

帰り道。
楽しくて酔っ払い
ASIA のジョン・ウェットンの美しい歌声を
スマフォで聴きながら

千鳥足で静岡の駿府公園のお堀の
池をのぞいて見た。

 

 

左のお堀の池は水が濁って澱んでいる。
通りを挟んで右の池は
常に新鮮な水が入って透き通っている。

ぼんやり見ていると
右の池からは
月を映した水面に鯉の泳ぐ軌跡が現れた。

 

やはり循環が良くて
美しい水面の池は「生命観」に満ちているようだ。

 

 

オレは今どっちなのか。

澱んだ世界に生きていないか?

その気になれば循環の良い
素晴らしい世界に行けるのではないか?
そんな世界があるのを知らないのか?
知っているけど
臆病になって
その世界に行けないだけなのか?

 

 

ジョン・ウェットンも死んだ。
ボクの友人も何年か前に
何人か死んでいる。

 

 

澱んだ世界で生きていると思うなら
一刻も早く
循環している水の綺麗な世界に行くべきでは
ないのか?

 

ボクのやろうとしている世界が
澄んでいる世界かどうかわからないが

やれることはやりたいと思う。

 

 

 


キングクリムゾン時代もそうだけど
エイジアの
ジョンウェットンの声は
イイなあ

2017.02.18 Saturday * 05:41 | 妄想 | comments(0) | trackbacks(0)
Comment









Trackback URL
http://blog.pea-s.jp/trackback/1170615
<< 先日、久しぶりに海に寄った。 | main | タカに会ってみたくなった >>