* パソコンが突然逝った

この時期このタイミングで
メインにしていたパソコンが突然逝った。
 

 
夜中にワードで書類を作っていると
画面の左から右へ流れていく粒のような横線。
その粒粒は次第に数を増していく。


 
うーん。パソコンの調子が悪い。ビデオカードかな。
 

再起動。

 
ちゃんと起動した。良かった。
今何かあると困る。
大丈夫で良かった。

 
念のためビデオカードの不具合を疑って
観ようと思っていて観れずに
途中でとまっていた映画「ゴーン・ベイビー・ゴーン」で再生テスト。
うまく動いている。うん、大丈夫そうかな。

 
 
しかし。
老警官役のモーガン・フリーマンが
警官を連れて少し特徴のあるしゃべり方のケイシー・アフレックに
皮肉を言っているシーンにくると
映像が突然途切れ、画面がブルーになった。
 


まずい。これはまずいぞ。

 
すかさずそういう時に行う
通り一遍のパソコンの対処をする。
 
頼む。
祈るような気持ちでスイッチ オン。

 
 
通電確認。CPUファンは回る。
画面は映らない。真っ暗なままだ。ファンは回っているが
バイオスの画面にならない。

 
祈るような気持ちでリスタート。
CPUファンが回る。画面は待てど暮らせど暗いままだ。

 
 
起動しない。

 
しない。しない。

  

厄介なことになった。
明日は朝から出掛けなければならない。

 
 
ただ、
データは大丈夫。(こう見えても一応プロなので、)
データは念をいれて二つのHDDにマメに保存している。
寸前まで作業していたデータも間違いなく保存されている筈だ。

 
 
電源を落とす。
明日は早い。少し遠くまで車で行かなければならないので
もう寝なければならない。
相手も忙しい中、わざわざ時間を割いてくれたようだし
ズラすわけにもいかない。

 
 
どうする。
しばらく視点の合わない状態で天井と壁を見つめる。
どうする。

 
 
どっちにしろ戻ってきてから
またデザイン仕事をしなければならないし
パソコンがこんなんではどうしようもない。

 

そう。

 
「パソコンが駄目になったくらいで
もうどうしようもないという世の中になってるのだ。」

 
手でやれ!根性出してやれ!
昔はそれもあっただろう。
徹夜して書き上げただろう。
だが今は違う。
 

データはある。
が、そのデータをデジタルでメールやインターネットにのせて
”雲の上”などのどこか遠くにあるサーバーなどを通して
相手に届けなくてはならない。
手書きで車を飛ばして持って行っても
相手にこう言われるかもしれない。

 

「データ修正したものをPDFにして
みんなにメールで配布したいんだよね。
東京の本社の役員にも見てもらわないと
決済が取れないからデータでチョウダイよ。」

 
 
 
時間はどんどん過ぎていく。
やるのか。
明日のために寝るのか。
いずれにしても「今」決断しなくてはならない。

 

 
やるしかない。
 
 

 
押入れの奥に以前使っていた
少し古いパソコンが予備として置いてある。
生きているパーツを組み替えて
何としても復旧しなければならない。

 
 
 
今やろう。覚悟を決めた。
 
 

押入れからパソコンを引っ張り出す。
重い。腰に響く。

 
コードも何も付いていないのでとにかく起動するか確認する。
奥の箱に入っているパーツをひっくり返し
使えそうなものをどんどん接続する。

 
逝ったパソコンの使えそうなパーツをはずして
引っ張り出してきたパソコンに組み替える準備をし、
最低限起動に必要な接続だけして起動。

 

起動した。
 

 
デスクトップ画面には多少古いが
クリアにファイルやフォルダーが映し出された。

 

思いのほかうまくいきそうだ。

 
しかしメモリが少ない。
使っていたメモリが合うはずだ。組み込んで起動。

 
エラー。

 
外して元へ戻し既存のHDDをつなぐ。
エラー。

 
外して別のHDDをつなぐ。
起動。

 
この線で行けば作業ができる環境までは
復旧できそうだ。

 
すべてのケーブルを外し
本格的にパーツを寄せ集めて組み込む。
スイッチ オン。

 
起動。
 

バイオス画面からデスクトップ画面まで
スムーズに起動した。

 
周辺機器の接続は別の日に行おう。
今は仕事が続行できる最低限の環境を取り戻すのが先決だ。

 
なんとかなりそうだ。
時間は夜中の時間をかなり過ぎたが
HDDも読み込めてクラッシュする寸前のデータも確認できた。

 
 
良し。
 
 

すると・・・
何を思ったのか。

 
 
 
掃除がしたくなってきた。
  

 
モノはついでだ。キレイにしようじゃないか。
真っ暗な洗面所へ行き
ジャブジャブと浸した雑巾をギュッと絞り
散らかった机をきれいに拭く。

 
 
どうせなら。
 

モニターもキーボードもタブレットも
すべてどかそうじゃないか。
キレイになるっていいなあ〜

 

すると・・・
 

前から気になっていた
プリンターの位置を少しだけ動かしたくなった。
配線を外して持ち上げて動かした。

 
 
うん、こっちのほうがやっぱいいな。

 
 
ついでにここにある本も邪魔だな。
 

動かす。
 


うーん、そうするとここにある椅子もこっちに寄せて
ほ〜らスッキリした!

 
椅子がそこに来るかー!
そうしたらここの棚もきれいにしてちょっと移動かな。
今度落ち着いたらゆっくり色でも塗るか。

 
 
照明のスタンドももう古くなってイマイチかっこ悪いし
今度買いにいこう〜っと!

 
 

・・・・・・・・・・・。

 

アラフィフ中年。
テスト前夜に模様替えをし始めるJKみたいに

 
 


夜中にウフウフしながら
時間を忘れて模様替え。

 
 
 

 
 
 
アホだ。バカすぎる

 
 
 
 

長くてごめん

2017.02.28 Tuesday * 22:25 | 生活 | comments(0) | trackbacks(0)
Comment









Trackback URL
http://blog.pea-s.jp/trackback/1170619
<< 懐かしいクソみたいな日々 | main | マリア・カラスとマンボウとドリカムとミシェル・モナハン >>